弁護士費用

※当事務所では、日本弁護士連合会報酬基準が平成16年4月をもって廃止されたことに伴い、同基準を参考に弁護士費用基準を以下のとおり定めます。下記は全て弁護士・大関太朗が対応する場合の料金です。

※クレジットカードでの決済が可能です。

弁護士費用(全て税抜表記です。)

相談料

30分まで無料

※30分以降は、15分ごとに2,000円

 

民事事件 離婚 慰謝料請求 交通事故 相続
遺言作成 刑事事件 債務整理 企業顧問 不動産

民事事件

経済的利益
着手金
報酬金
~300万円

8%

16%

300万円~3000万円

5%+9万円

10%+18万円

3000万円~3億円

3%+69万円

6%+138万円

3億円~

2%+369万円

4%+738万円

 

離婚事件

着手金

報酬金

協議

20万円

20万円+経済的利益の10%

調停申立

30万円

30万円+経済的利益の10%

・なお、出廷回数が5回を超えた場合は、6回目から1日あたり2万円の出廷日当をいただきます。
・協議から継続して受任する場合は、着手金10万円です。
・協議の際の報酬金はいただきません。

提起

40万円

40万円+経済的利益の10%

・調停から継続して受任する場合は、着手金10万円です。
・調停の際の報酬金はいただきません。

協議・調停・訴訟離婚サポート
相手方との交渉、調停、裁判を弁護士が代理します。相手との連絡や交渉は全て弁護士となるので、相手と離婚について話し合うストレスから開放がれます。

協議離婚サポート・・・着手金20万円、報酬金20万円+経済的利益の10%
調停離婚サポート・・・着手金30万円、報酬金30万円+経済的利益の10%
            ※なお、出廷回数が5回を超えた場合は、
             6回目から1日あたり2万円の出廷日当を頂きます。
            ※協議から継続して受任する場合は、着手金10万円です。
            ※協議の際の報酬金はいただきません。
訴訟離婚サポート・・・着手金40万円、報酬金40万円+経済的利益の10%
            ※調停から継続して受任する場合は、着手金10万円です。
            ※調停の際の報酬金はいただきません。

※上記以外にも、下記プランを設けて皆さまをサポートしております。

離婚サポートプラン【3万円/3ヶ月】……月1回の面談と、随時メールや電話での相談を受け付けます。相手との交渉を有利に進めるために、弁護士が適宜アドバイスいたします。

協議書のチェック【1万円】……お客様の作成した協議書をチェック致します。

協議書作成+メールフォロープラン【10万円】……お客様の希望に沿って協議書を作成し、相手方との話し合いの際にはメールでフォローします。

※ただし、親権については着手金で別途10万円、報酬金で別途10万円申し受けます。
※裁判等で片道2時間以上の移動が発生する場合には日当として1日あたり3万円、
 片道4時間以上の移動の場合は5万円を別途申し受けます。

慰謝料請求

手段

着手金

報酬金

交渉 10万円

16% 但し、最低金額が20万円となります

例:250万円の慰謝料を交渉によって請求し、成功した場合・・・着手金10万円+報酬金250万円×16%=50万円

交渉から訴訟に移行 8%
訴訟

 ※慰謝料を請求する場合も請求される場合も同様。

 

交通事故

民事事件の着手金及び報酬金によりますが、弁護士特約の保険に加入していない場合、後精算も可能です。

 

相続

 

【調査・協議書】

料金表 相続

【交渉・調停・裁判】
1.着手金
(着手金)
依頼者が取得すべき遺産額

着手金

300万円未満                                  

20万円

600万円未満

30万円

1000万円未満

40万円

1000万円以上

500万円ごとに

10万円追加

 

2.報酬金
依頼者が取得した遺産額

報酬金

300万円未満                   

経済的利益の16%

300万円以上 3000万円未満

経済的利益の10%

3000万円以上 3億円未満

経済的利益の6%

3億円以上

経済的利益の4%

【相続放棄】

相続放棄 料金表

遺言作成

 
料金
自筆証書遺言

15万円

公正証書遺言

15万円

立会日当

3万円

 

刑事事件(裁判員裁判対象事件を除く)

着手金

報酬金

自首への付き添い

15万円

・依頼を受けたら、自首報告書を作成します
・自主報告書が完成し、準備が整い次第担当警察署に連絡します
・出頭に弁護士が付き添い、自主報告書を警察に渡します
・その後の警察とのやり取りなどのフォローを行います

起訴前

30万円

30万円


起訴後

40万円
但し、起訴前から継続して受任する場合の着手金は20万円

40万円

上訴審

40万円
但し、起訴前から継続して受任する場合の着手金は20万円

40万円

 ※保釈が認められた場合、20万円

任意整理・破産事件

費用

任意整理

法人

50万円~

個人

着手金:

1社あたり2万円
但し、最低5万円

報酬金:

和解1件につき 2万円

債務減額分につき 10%

過払金回収額につき 20%
但し、訴訟に至った場合 25%

破産申立

法人

100万円~

個人

30万円~

民事再生申立

法人

200万円~

個人

40万円~

特別清算申立

 

120万円~

 

 

企業顧問

顧問 料金表2

不動産

 

着手金

成功報酬

催告書

 

 5万円

10万円

訴訟提起 追加費用

15万円

 

20万円

 

 

強制執行 追加費用

10万円

未収賃料を回収した場合、

差押手続なし・・・10% / 差押手続あり・・・20%

 

【顧問契約の場合】

着手金

成功報酬

催告書

 無料

無料

訴訟提起

10万円

 

10万円

 

強制執行

7万円

 

 

弁護士費用の算定に関する総則

1 算定方法

弁護士費用は、下記第2で算定される「経済的利益額」に基づき、下記第3掲載の各表によって算定する。

2 着手金の最低額

交渉時の着手金の最低額は10万円とする。

3 報酬金の最低金額

請求を受ける立場にあり、相手方による金額提示前に受任をする場合、報酬金の最低額は20万円とする。

4 贈減額調整

顧問契約締結者の業務については、30%の範囲内で減額することができる。
上記以外の者は、業務の内容により、20%の範囲内で増額・減額する場合がある。
前2項は、重複して適用しない。

5 消費税

この基準によって算定された弁護士費用には、別途、消費税額を加算する。

6 規定外事項

この基準に規定無き事項は、旧日弁連報酬基準を参考にして、協議のうえ決定する。


  • ご予約ご相談は0297-85-3535まで
  • TOPへ戻る