建築紛争について

「購入した新築のマイホームが欠陥住宅だった」

「リフォームをお願いしたらずさんな工事をされてしまった」

「雨漏りがひどい」

「建築を依頼していた業者が倒産してしまった」

 

多くの人にとって、家は人生で一番高い買い物です。やっとの思いで買った家に欠陥があるのはとても残念なことです。テレビなどでもたびたび欠陥住宅や悪徳リフォーム会社の問題が取り上げられていますが、それを見てまさか自分にそんなことはおきないだろうと思われている方も多いかもしれませんが、欠陥住宅問題は現実に存在します。

 

建設をめぐる訴訟の中で数の多いものは、未払代金の請求や建築の追加ないし変更工事に基づく請求などの建築請負代金請求の訴訟や、購入・建築した建物に欠陥があるとして、損害賠償請求を行う訴訟が多いです。住宅などの建築は、追加ないし変更工事の場合、口頭で約束されていることが少なくなく、なかなか証拠が集まらなかったり、専門的な技術が必要だったり、多大なお金がかかりることから、訴訟も複雑化し、解決までの期間が長くかかってしまっているのが現実です。

 

建築紛争を解決するためには、専門知識が必要としますので、建築紛争の経験が豊富な弁護士に相談することが大切です。欠陥住宅やリフォーム工事などで施工会社とトラブルになっている方は弁護士にご相談ください。


  • ご予約ご相談は0297-85-3535まで
  • TOPへ戻る