窃盗・万引き

IMG_3011

①窃盗について

窃盗とは、他人の占有する物を他人の意思に反して自己の占有に移すことです。

簡単に言えば「人のものを盗むこと」となります。

窃盗には色々な手口があり、空き巣や車上狙い、ひったくり、下着泥棒などが挙げられます。

いわゆる「万引き」も窃盗にあたります。

②窃盗の罪

窃盗罪の法定刑は10年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

割と再犯率が高い印象で、万引を繰り返してしまうようなケースも見受けられます。

起訴されるか否かは、初犯であるかどうかも重要です。

その他には、被害額犯行態様などによって、実際の量刑が変わります。

③横領・業務上横領の弁護

窃盗で逮捕された場合、被害弁償示談が重要となってきます。

被害者との示談の結果、被害届を取り下げてもらえれば、不起訴処分を獲得することができます。

被害者が示談に応じてくれないような場合には贖罪寄付(しょくざいきふ)をすることで反省していることを示す方法もありますが、効果は限定的と思われます。

逮捕・勾留により仕事を欠勤せざるを得ない場合、一刻も早い身柄の解放が必要となりますが、

起訴後には速やかに保釈の申請ができるようにあらかじめ保釈金身元引受人の準備をしておくことが重要であり、勤務先への対応も必要となります。

 

当事務所では、各事案ごとに、自首、示談交渉、早期の身柄の解放や勤務先への対応など必要な弁護活動を行います。

まずは弁護士にご相談ください。


  • ご予約ご相談は0297-85-3535まで
  • TOPへ戻る