自分で行う場合との違い

oozeki180債権回収を自分で行う際のメリットとデメリットをまとめました。

 

 

 

 

 

メリット

お金がかからない

自分で債権回収を行なえばお金がかかりません。弁護士に依頼するとなると、結構な費用がかかってしまうことがあります。

債権回収に関しての知識がつく

事業を行っていると、商品代金が入ってこない、貸した金が返ってこない、というのはある程度、避けられません。その度に弁護士に依頼するというのは資金的にも難しいものがあります。

ですので、同じ間違いを何度も繰り返さなくてすむように、自身で債権回収を行うことによって、債権回収ノウハウを身につけけられることができます。

取引先との関係を悪化させずにすむ

弁護士に頼むと法的措置をとることになる可能性が高く、相手との取引関係を悪化させてしまうことにもなりかねません。

デメリット

自力での回収はやはり難しい

債権の額が大きくなればなるほど回収が難しくなるでしょう。また事業をされている方にとって未回収は死活問題です。弁護士がついているというのは債務者に対してのインパクトはとても大きいです。確実な債権回収をお望みなら弁護士に依頼するのが得策だと思います。

時間がかかる

「自分で回収しようとして、時間がかかってしまって本業に専念できない」これは避けたいところです。手続に時間がかかり、消滅時効が来てしまったというケースもあります。

かえって悪い結果を招いてしまう

もちろん自分で債権回収を行なうことはきますが、結果として取引先との関係が悪化してしますケースが多く見受けられます。あの時ああしていればよかった。このような契約書を作成すればよかったと後悔する前に専門家である経験豊富な弁護士へご相談してみることをおすすめします。

実際の手間を考えるとなかなか大変

債権の回収という後ろ向きなことに労力や時間をとられるのは皆さん避けたいところだと思います。いちいち債務者のところへ出向いて交渉をして、回収をしていく気苦労はとても大きいかと思います。専門家である弁護士に頼めば、そのような煩雑な業務から開放されます。

何より、債権回収という問題に対して、経験と知識を総動員して確実な回収をサポートしてくれますので、心強いです。日ごろ感じる債権回収の問題でもお気軽に相談を受けてくれますので、ぜひ弊所へお問い合わせを頂ければと思います。


  • ご予約ご相談は0297-85-3535まで
  • TOPへ戻る