身に覚えのない請求の支払いを拒んだ事例

事件の内容

ある日、突然、妹の内縁の夫から身に覚えのない貸金返還請求をされたという事案です。

結果

支払いを拒む内容の回答書を送り、請求を断念させました。

解決までの期間

1か月

 

主な争点

お金の貸し借りの有無が問題となりました。

弁護士のコメント

ある日、妹の夫から貸した金を返すよう求める内容の内容証明が届きました。ですが、お金を借りたという記憶がありません。妹夫婦は経済的に非常に苦しい生活をしていたので、お金を借りたという事実をでっち上げて貸金返還請求をしてきたようでした。当然、そのような事実はなく、もちろん借用書もありませんでした。この件については、「弁護士に依頼するほどではなく、無視しておけばよい」とアドバイスをしました。しかし、兄妹の仲が相当にこじれているようであり、依頼者が妹と関わりたくない、弁護士を立ててきっぱりと拒否をしたいということでしたので、事件を受任することとなりました。
先方は貸金返還のほかに、扶養義務があることを主張してきたり、年金を差し押さえるなどと主張しておりましたが、いずれも明確に拒否をし、または法律上認められない旨回答したところ、先方は次第におとなしくなりました。
身内同士の些細な争いのように思えるかもしれませんが、当事者にとっては大問題です。何らかの対応をしなければならないと考えるだけでストレスが溜まったりしますので、まずは専門家に相談して事件の見通しだけでも確認するようにしましょう。

その他の解決事例

解決事例の解決事例

  • ご予約ご相談は0297-85-3535まで
  • TOPへ戻る