強姦事件につき150万円で示談をしたという事例

事件の内容

デリバリーヘルスで、明確な合意がなく本番行為をしてしまったという事案です。

結果

150万円の示談金を支払う内容で解決をしました。

解決までの期間

1週間

 

主な争点

慰謝料の金額が問題となりました。

弁護士のコメント

わいせつ系の事件の場合、そもそも被害者が示談を拒むケースが多いです。本件では被害者が示談を拒むということはありませんでしたが、加害者本人との直接のやり取りを拒んだため、弁護士に依頼してきたという事案でした。
また、被害者は当初500万円という金額を提示してきました。わいせつ系の事件に限らず、事件の加害者は、示談が成立しなければ、刑事事件として起訴されてしまうおそれがあるので立場がとても弱いです。本件では、強姦事件の慰謝料の相場がそこまで高額ではないことと、加害者の経済的な事情を説明してなんとか150万円で納得してもらうことができました。当初は金額に納得してもらえず困ってしまいましたが、粘り強く交渉を続けた結果、金額を抑えることができてほっとしています。
示談の日程調整については、依頼者に少しでも早期に安心してもらうため、できるだけ早めの日程で示談ができるよう心掛けています。示談の際は、被害者の意向もあったため弁護士のみで被害者のもとを訪れましたが、被害者も特に感情的になることもなく、淡々と示談をすることができました。

 

刑事の解決事例

解決事例の解決事例

  • ご予約ご相談は0297-85-3535まで
  • TOPへ戻る