内容証明を出して未払の売掛金を回収した事例

 

事件の内容

会社の取引先が売掛金を支払ってくれず、再三、請求書を発行していたという事案です。金額は約40万円でした。

結果

内容証明を発送した結果、全額の支払いを受けることができました。

解決までの期間

1週間

 

主な争点

特になし

弁護士のコメント

売掛金を回収するのが面倒なことがあります。本件でも、本人から相手方に対し何度も請求書を交付していましたが、先方は資金繰りが苦しい等と理由を付けて支払ってきませんでした。会社の規模からすれば、未回収の売掛金もそれほど大きいものではありませんでしたが、毎月帳簿を確認するたびに取引先の未収金が目に入るのが非常にストレスが溜まり、もう我慢できないということで弁護士に回収を依頼してきました。
当職から、先方に対し、未払の売掛金を支払うよう内容証明を送ったところ、すぐに回収をすることができました。本人が単純に請求書を送るのと比べ、弁護士からの通知書には「回収できない場合には訴訟をやりますよ」という内容を添えているだけです。しかし、弁護士に依頼してまで回収をしようということは、放っておくと裁判をされてしまうという心理状態が働くためか、本人が通知を出すよりも回収可能性が高まるように思います。
弁護士費用がかかってしまいますので、依頼するかどうかは慎重に判断する必要がありますが、法律相談だけでも受けておいて損はないと思います。

その他の解決事例

解決事例の解決事例

  • ご予約ご相談は0297-85-3535まで
  • TOPへ戻る