先方への請求を約20万円増額した事例

事件の内容

依頼者が自動車を運転中、信号待ちをしていたところ、加害者の運転する自動車が後ろからきて追突されてしまった事案です。

 

結果

先方からの提示額から約20万円上乗せする内容で和解を成立させることができました。

 

解決までの期間

2か月

 

主な争点

損害額と因果関係が問題となりました。

 

弁護士のコメント

本件では自動車以外の物損も問題となりました。自動車の追突の影響で、事故時に、車内にあった時価10万円相当の物が壊れてしまったのです。交通事故の示談金は、車内のものが壊れてしまった場合の修理代金も含まれます。もちろん、交通事故と因果関係のあるものの修理代に限られますが、この因果関係を立証するのがなかなか難しいです。
本件でも、先方の保険会社から、交通事故を原因として物が壊れたとはいえないため、損害として認めることはできないと主張されてしまいました。依頼者から相談を受けた際、①事故前には壊れていなかったこと、②事故後に壊れたことの2点に関する証拠があるかどうかの事情聴取を行いましたが、①に関する証拠はないとのことでした。そこで、依頼者と相談のうえ、人身損害の方で示談金の増額を試みる方針に切り替え交渉にのぞみました。
先方保険会社から提示を受けていた金額のうち、入通院慰謝料については増額の余地がありましたので、この点について重点的に交渉をした結果、約20万円ではありますが増額に成功しました。
たった20万円の増額のために弁護士を利用すると、かえって赤字になってしまうのではないかとも思いますが、本件は自動車保険の弁護士特約に加入していたため、弁護士費用は、全額保険会社からまかなうことができました。弁護士特約に加入している方は、積極的に弁護士に相談してみることをお勧めします。

交通事故の解決事例

解決事例の解決事例

  • ご予約ご相談は0297-85-3535まで
  • TOPへ戻る