ストーカー被害の件について示談を行い執行猶予判決を取得した事例

 

事件の内容

加害者が密かに被害者宅に侵入して物を盗んでいたという事案です。被疑者段階で事件を受任しましたが、起訴前には示談に応じてもらうことができませんでした。

結果

執行猶予付の判決を取ることができました。

解決までの期間

3か月

 

主な争点

示談の可否

弁護士のコメント

本件のようなストーカー被害や性犯罪系の事件は、被害者の処罰感情がとても強く、示談をすることが容易ではありません。弁護人としても、立場的に弱い側を弁護していますので、被害者と連絡をする際には非常に気をつかいます。
本件では、起訴前から被害者と連絡を取ること自体はできましたが、やはり処罰感情が強く、当初は示談をするつもりがないと言われました。起訴後、被害者に改めて連絡して交渉を続けた結果、最終的に示談をすることができました。もっとも、本件では、弁護士が粘り強く交渉を続けたから示談ができたというよりも、被害者が知人等からも意見を聞いていくうちに心変わりしていったというような印象を受けました。弁護士が交渉をすれば必ずうまくいくとも限らないのが刑事事件の示談の難しいところです。

 

刑事の解決事例

解決事例の解決事例

  • ご予約ご相談は0297-85-3535まで
  • TOPへ戻る